名古屋市港防災センター

名古屋市港区にある防災に関する施設「名古屋市港防災センター」
震度7の大地震を体験できる「地震体験室」や煙の中での避難を体験できる「煙避難体験」などのバーチャル体験ができます。
他にも消防ヘリコプターや消防車の試乗体験、防災に関する展示もあり、災害について見て、学んで、体験できる施設です。
毎月1回、外でご飯を炊くサバイバル実習教室も開催されています。

施設の充実度 ランク4 防災に関する様々な展示や疑似体験コーナーも
施設の広さ ランク2 小規模で港区役所に隣接した2階建てのフロアー
お得感 ランク4 入場、体験ともに全て無料で楽しめる
週末の空き具合 ランク4 子供以外に様々な年齢層が見学も特に混雑もなし
子どもの満足度 ランク3 消防ヘリがお気に入り、体験コーナーもノリノリ
総合評価 ランク2 体験コーナーなど災害について見て学んで体験できる

●地震体験室(1階)

過去に実際に起こった震度7の大きな地震など5種類の揺れを体験することができるコーナーです。
防災指導員が地震時の身の守り方や揺れが収まった後の対処方法などを教えてくれます。

●消防ヘリや消防車の展示(1階)

阪神淡路大震災の際に活躍した本物の消防ヘリコプター「なごや2」に試乗することができます。
操縦席には自由に入れて、操縦桿を握って遊んだり、モニター映像による飛行体験ができます。
乗車できるレトロなハシコ車やポンプ車などの消防自動車も展示してあり、乗って遊んだりできます。

●展示物(1階)

ここには写真やジオラマの展示があり、防災対策への理解を深め、災害に対処する方法を学ぶことができます。
名古屋防災マップや家具のいざという時に備えての耐震固定方法、日頃から常備しておきたい防災用品などの防災関連の展示がたくさんあります。

●その他(1階)

消防服が着れるコーナーがあります。
大人用と子供用の消防服や制服、帽子やヘルメットなどが用意されており、記念撮影することができます。

●伊勢湾台風を知る(2階)

名古屋地方に大きな被害をもたらした伊勢湾台風接近の様子を昭和30年代風セットの中で体験できます。
雨戸が吹き飛ばされ、家が浸水する様子を照明と音響、3D映像で再現し、自然災害の恐ろしさを模擬体験できます。

●煙避難体験(2階)

火災発生状況の煙の中での避難姿勢、避難方法を体験できます。
ここでは防災指導員が煙の特性や対処方法の説明してくれます。
その後に実際に煙を噴出させた部屋で出口の扉を探す実践的な避難訓練が受けられます。

●119番通報体験(2階)

実物の公衆電話を使い、119番への電話ができる体験コーナーです。
火災と救急を選んでボタンを押すと、受話器から聞こえる画面上のオペレーターの指示に従い、119番通報体験ができます。

●名古屋災害史の展示(2階)

伊勢湾台風などの災害対応、復旧経過などを比較した名古屋災害史のパネルが展示や、名古屋地方に大きな被害をもたらした東海豪雨の様子を放送していました。

●その他(2階)

昭和34年当時の小学校を再現した防災教室では防災教育に関する資料の展示や学習会などを開催しています。
ちびっこコーナーにはこども向けの絵本もあり、災害に関するアニメの上映もしています。

住所 名古屋市港区港明一丁目12番20号(港区役所に隣接)
営業時間 開館時間 9:30~16:30
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館。その直後の平日が休館)、第3水曜日、年末年始
車でのアクセス 名古屋都市高速「六番北出口」から南へ約1km
伊勢湾岸道 「名港中央IC」から北へ約2km
駐車場 無料駐車場79台
港区役所と公園の共同駐車場なのでいつも満車状態
公共交通機関 地下鉄名港線「港区役所」下車1番出口北へ徒歩3分
市バス「港区役所」下車 徒歩約1分
料金 入場無料
食事 施設内での飲食禁止ですが、近くに飲食店やアピタがあります。
公式サイト 名古屋市港防災センター公式サイト

目的から遊び場を検索

 

地域から遊び場を検索

愛知県

岐阜県

三重県

 

お出かけ便利グッズ

 

お出かけ情報

 

名古屋レジャー情報誌