ARCO清洲(アルコ清洲)

愛知県清須市にあるちびっ子達に大人気の室内温水プール「アルコ清洲」
オムツが取れていない幼児でも入れる数少ないプールです。
2基のスライダープールをはじめ、流水プールなどの各種プールが楽しめます。
造波プールでは、雷音とともにスコールが降り、ちびっ子達は大喜び。
温水プール利用券でトレーニングルームやサウナ付き浴室を使用できるのもお得なポイント。

施設の充実度 ランク4 幼児向けスライダーをはじめ、レジャープールが豊富
施設の広さ ランク3 それほど広くは無いが、幼児にはそこそこ楽しめる広さ
お得感 ランク4 リーズナブルなプール料金でお風呂も楽しめる
週末の空き具合 ランク4 夏休みなどはそこそこ混んでいるが、並ぶほどでは無い
子ども達の満足度 ランク5 スライダーや波のプールに夢中でお風呂も好評
総合評価 ランク4 水深浅めの幼児から小学低学年向きレジャープール

●施設について

プールの種類 温水プール 25m競泳プール 25m 6コース・水深1.2m~1.23m
流水プール 幅2.4m・長さ100m・水深0.7m
造波プール 幅6m~14m・長さ24m 水深0m~1.4m
スライダープール 長さ16m及び34m・ 水深0.7m
ジャグジープール 水深0.5m 、リハビリプール 水深0.7m 、 幼児プール 水深0.3m
注意点 ・プール利用者は、全員スイムキャップを着用(キャップの貸出はない)
・浮き輪は、直径が70センチメートル以内のもの。
(ビーチボールや板状のものなど手から離れるものは利用不可)
・オムツが必要な乳幼児は、専用水着(ベビーハーネス)もしくは、ワンピース(レスリングタイプ)の水着及びその下にプール用オムツの着用が必要。
・乳児の利用は、生後6か月からです。
無料貸出し ビート板
スライダープール

ストレート形状とループ形状の2基のスライダーがあります。
浮き輪に乗って滑ったり、親子で滑ったりと大人気。
特に身長制限や年齢制限は無く、幼児でも滑れるのでスライダーデビューに最適です。

流水プール

幅2.4m、全長100mの流れるプール。
水深が0.7mで他の施設の流水プールに比べてとても浅く、幼児でも足が付くことができます。
もちろん定番である浮き輪に乗って楽しむこともできます。

造波プール

浜辺のように人工波が打ち寄せる波の出るプールで奥には帆船があります。
波打ち際で戯れてたり、奥のほうで浮き輪に揺られたり楽しみ方はいろいろ。
雷が鳴り響き、突然天井から雨が降り注ぐイベントは1時間に2回程度で、子供達は大はしゃぎです。

幼児用プール

水深が0.3mととても浅く、生後6ヶ月から遊べる乳児から幼児向けのプールです。
毎週水曜日には幼児プールにボールを浮かべる「ボールの日」や毎週金曜日は「あひるの日」が開催されます。

競泳用25mプール

幼児用のプール以外にも競泳プールがあります。
全6コースあり、クロールなど子供の泳ぎの練習に欠かせないプールです。
ビート板の無料貸出しもありますので、バタ足の練習にも最適。

その他

心身のリフレッシュできる泡の出るジャグジープールや手すり付きのリハビリプール、寒くなった時にありがたい採暖室もあります。
プールサイドにはビーチチェアがあり、疲れた保護者の憩いの場になっています。

●売店など

入口で水着やスイミング用品を販売しており、購入することも出来ます。
入場ゲートを通ると中に軽食コーナーや自動販売機があります。

●サウナ付き浴室とトレーニングジム

温水プール利用券でそのままお風呂も利用できます。
シャワーと洗い場以外にもサウナも併設しており、ゆっくりくつろぐことができます。
石鹸は置いてありますが、シャンプーはありませんので必要なら持参を。
同様にトレーニングルームも利用できます。

住所 愛知県清須市清洲2537番地
営業時間 開館時間 10月~3月 13:00~20:00、 4月~9月 平日 13:00~20:00、土・日・休日 10:00~20:00 (※入場は19:30まで)
休館日:夏休み期間を除く毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、 直後の休日ではない日)・年末年始(その他、臨時休場があります。)
車でのアクセス 東名阪自動車道 清洲東インターより車で5分
駐車場 無料駐車場150台
公共交通機関 ・名鉄電車 名古屋本線「新清洲駅」より徒歩15分
・JR東海 東海道本線「清洲駅」より徒歩25分
料金 大人500円、小中学生200円、小学生未満無料
食事 館内には売店があり、やきそばや焼きおにぎり、みたらし、肉まんなどが販売しています。 清涼飲料水とアイスの自販機などもあります。
公式サイト アルコ清洲(清須市清洲勤労福祉会館)

目的から遊び場を検索

 

地域から遊び場を検索

愛知県

岐阜県

三重県

 

お出かけ便利グッズ

 

お出かけ情報

 

名古屋レジャー情報誌

ページのトップへ戻る