旭高原元気村(雪そりゲレンデ)

豊田市にある冬場に人工造雪機により雪遊びが楽しめる「旭高原元気村の雪そりゲレンデ」
毎年12月初めから3月末日までオープンしています。
県内唯一のそり滑り専用ゲレンデだから、小さなお子様にも安心して楽しめます。
名古屋からも近くノーマルタイヤでもOK。
入場料500円と貸しそり代500円で一日あそべるのも魅力です。

施設の充実度 ランク4 雪遊びも楽しめる、そり滑り専用ゲレンデ 
施設の広さ ランク3 幼児&小学生には十分な広さのゲレンデ
お得感 ランク4 一日滑り放題遊べて、500円はリーズナブル
週末の空き具合 ランク4 思ったほど混んで無く、雪そり&雪遊びを楽しめた
子どもの満足度 ランク5 初めての雪そりに大興奮、雪遊びでも大はしゃぎ
総合評価 ランク4 名古屋からも近く、みんなで雪そりを満喫

●冬場の路面状況

旭高原元気村は標高650メートルの山頂にあり、山頂への道路は冬期に路面凍結することがあります。
2月でしたが道には雪はほとんどなく、ノーマルタイヤで問題なく行けました。
チェーンやスノータイヤの準備が必要な場合があります。

●服装

ウェアやスノーブーツ・長靴等のレンタルや販売はありませんので各自で持参します。(靴下や手袋は元気館にて販売)
スキーウェアまたは撥水加工の上着・ズボンと防水グローブ、足元はスノーブーツや長靴がおすすめです。

●料金

一日入場料は、3歳以上一律500円です。
レンタルそりは1日1台に付き500円で、同じ形のそりが1000円で販売してたので我が家は2台購入しました。 施設が規定するそりならば、持ち込みも可能。

●メインゲレンデ

幅30m×滑走距離90mのゲレンデは遊ぶには十分な広さがあります。
そり滑り専用ゲレンデなのでスキー、スノーボード等は一切禁止なのも安心です。滑り降りたら、リフトではなく「動く歩道」に乗って上まで戻ることができます。
こぶの上を跳ねたりしながら滑るそりは思っていたよりもスピードが出て、子どもたちはもちろん大人も結構楽しめます。

●サブゲレンデ

メインゲレンデに比べると緩やかで小さなゲレンデです。
ここはでそりを引きながら自分で登って、滑り降りることが出来ます。
降らしている人工雪も子どもたちの遊びになってます。
幼児から小学生低学年ぐらいの子供が楽しめます。

●雪遊び場

ゲレンデの下には雪遊びスペースもあります。
リトルタイクスのすべり台や小さな家などがあり、小さなお子さんが遊ぶところもあります。
雪玉作りをしたり、かまくらを作ったりして子供は夢中です。
我が家は、持参したスコップと小さなバケツで遊んでました。

●その他

メインの建物「げんき館」に更衣室や休憩室もあり、気軽に利用できます。
春から秋にかけては、豊かな自然の中でのデイキャンプやバーベキュー、天文台、ふれあい動物園などが楽しめます。

住所 愛知県豊田市旭八幡町根山68-1
営業時間 利用時間 9:00~16:00
毎年12月初め~3月末日まで(ゲレンデ休業日あり)
その年の天候等により変動があります。
車でのアクセス 猿投グリーンロード「力石I.C.」下車国道153号線にて約27km、約30分
駐車場 無料駐車場:150台 ゲレンデの近くにあります。
公共交通機関 名鉄「豊田市駅」で下車して車で1時間
料金 入場料500円(3歳以上、1日券)
レンタルそり500円(1台/1日)、 販売そり1000円(1台)
食事 ゲレンデのすぐ上にレストランがあります。
売店でラーメンやうどん、おにぎりなどを購入して休憩所で食事もできます。
公式サイト 旭高原元気村公式サイト

目的から遊び場を検索

 

地域から遊び場を検索

愛知県

岐阜県

三重県

 

お出かけ便利グッズ

 

お出かけ情報

 

名古屋レジャー情報誌