花フェスタ記念公園

岐阜県可児市にある日本有数のバラ園がある「花フェスタ記念公園」
花の博覧会「花フェスタ95岐阜」を岐阜県が再整備した県営の都市公園で、7,000品種、約6万株のバラが華麗に咲き誇る日本有数のバラ園があります。
斜面を利用した滑り台やジャングルジムなどがある「ちびっこ広場」も子供たちに人気で、夏休み期間中には水遊びやゴロゴロ大玉遊びなどで遊べる「キッズサマー」が開催されており家族連れで賑わっています。

施設の充実度 ランク3 芝生広場と遊具あり、夏には水遊びやイベントも
施設の広さ ランク5 ナゴヤドーム約17個の広大な敷地に四季折々の花
お得感 ランク3 バラ祭り期間は少し割高だが、子供は無料
週末の空き具合 ランク4 夏休み期間は家族連れで賑わっている 
子どもの満足度 ランク4 夏休み期間には水遊びや大玉ころがしに夢中
総合評価 ランク3 夏にお勧め、バラなどの花の魅力が楽しめるテーマパーク

●ロードトレインポッポ(無料、但しバラまつり期間は一乗車200円)

広大な花フェスタ記念公園内の移動に便利な汽車の形をした園内バス「ロードトレインポッポ」があります。
園内を片道15分ほどかけてゆったりと景色を楽しむのには最高の乗り物で、広い園内を歩き疲れたときにもおススメです。

●バラ園など

この公園の最大の魅力である7,000品種、約6万株のバラのほとんどが「世界のバラ園」と「バラのテーマガーデン」で植栽されています。
バラは春から霜が降りる前まで咲きますが、特に見ごろとなるのは春と秋です。5月下旬~6月上旬には一年で最も多くのバラが咲き、華やかな色でバラの世界を彩ります。また、気温がゆっくり低下していく10月下旬~11月上旬には、一年で最も美しくかつ香り豊かなバラをご堪能いただけます。
他にも、ポピーやコスモスなど、一年を通じて多彩な花の魅力が楽しめます。

●ちびっこ広場

「バラの花に群れ遊ぶ小鳥たちの世界」をテーマにした広場です。
山の斜面を利用した巨大ジャングルジムや、全長50mのローラーすべり台があり、自然の中で遊べます。
あまり遊具は多くありませんが、ダイナミックな遊具で子どもたちの冒険心をくすぐる空間でのびのびと体を動かせます。

●キッズサマー(夏季限定)

夏休み期間中は家族で楽しく遊べる「キッズサマー」が開催されます。
霧のプレリュードが夏限定で水遊び場に大変身、水深約40cmでちびっ子も安心です。
ミニプールや水鉄砲、浮き輪やおもちゃなどの自由に遊べるアイテムも満載。
他にも大型スプリンクラーを使ったダイナミックな水遊び「ウォーターシャワー体験」や広い芝生広場に直径1mの大玉出遊べる「ゴロゴロ大玉遊び」もあります。

●花の地球館(大温室)

多種多様な植物を広々とした空間を活用した展示で、一年を通して花と緑が楽しめる大温室です。
年数回、季節ごとに素晴らしいフラワーショーが楽しめます。

●花トピア

植物展示を行うほか、小さなお子様の遊び場として「ボールプール」があります。
縦5m×横6mのプールにカラフルな4000個のボールがあり、小学生までの子供が楽しめます。
建物内には休憩スペースもあり、ご自由に飲食できます。

●その他

高さ45mの展望タワー「花のタワー」では、ガラス張り展望室と屋上デッキから季節の花と緑に彩られた園内を一望できます。
青々とした芝生が美しく、天気の良い日にはお弁当を食べたり、寝ころんで日向ぼっこできる「音楽広場」もあります。

住所 岐阜県可児市瀬田1584-1
営業時間 4月~11月中旬 9:00~17:00(最終入園16:30)
11月下旬~3月 9:30~16:30(最終入場16:00)
定休日: 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
(但し春・秋のバラまつり期間中は無休)
車でのアクセス ・東海環状自動車道「可児御嵩IC」から約2kmで約5分
・中央自動車道「多治見IC」から約20分
駐車場 駐車場無料(西駐車場1000台/東駐車場700台)
公共交通機関 JR可児駅からバスまたはタクシーで約10分
料金 入園料 通常 大人500円(春・秋バラまつりの期間 1,000円)
高校生以下無料、 お得な年間パスポートや便利な前売りコンビニチケットもあり
食事 レストランや麺類や五平餅などの軽食が購入できる売店などがあります。
弁当持参であれば屋外の音楽広場や園内各所にベンチ、屋内では、花トピアや花のタワー展望フロアなどでも飲食ができます。
公式サイト 花フェスタ記念公園公式サイト

目的から遊び場を検索

 

地域から遊び場を検索

愛知県

岐阜県

三重県

 

お出かけ便利グッズ

 

お出かけ情報

 

名古屋レジャー情報誌

ページのトップへ戻る